米国株式

スポンサーリンク
銘柄研究

【銘柄研究】脱ハンコ・サイン文化は世界の潮流。ドキュサイン($DOCU)の成長はこれからが本番?

今回は電子署名サービスの「ドキュサイン」を分析します。 米国株投資家の間でも注目の「ドキュサイン」の企業分析とこれからの成長可能性を調べました。リモートワーク関連銘柄として期待できる企業です。 詳しく見ていきましょう。 ...
銘柄研究

D2C戦略で先行したスポーツブランドの雄「Nike」($NKE)。コロナショック後のスポーツ界で一人勝ちか?!

スポーツ関連企業の苦境が続く中、デジタル化で先行しいち早い業績回復に成功したNike($NKE)の秘密に迫ります。
銘柄研究

閉塞感はペットへの愛情に転化?ペット関連eコマース「チューイ」($CHWY)が伸びるワケ。

ペット市場の急拡大を背景に急伸したペット用品ネット販売のチューイ($CWHY)の企業分析をしました。
銘柄研究

オンライン教育のチェグ($CHGG)は世界の教育機関の救い手になる?!

ロックダウンで進路決定や卒業に大きな不安を抱えるアメリカの高校生・大学生を救ったチェグのオンライン教育サービス。同社の成長の秘密や今度の見通しについて分析します。
経済ニュース

速報 ビデオ会議システムZoom($ZM)、注目の2020年第1四半期決算は?

6月2日発表されたZoom決算、市場予想に対してどうだったのか?同社IR資料より抜粋してお知らせします。
銘柄研究

ロックダウンで大躍進のネットフリックス($NFLX)がまだまだ伸びると考えられるワケ。

巣ごもり需要の筆頭格「ネットフリックス」。今後の業績伸長の可能性について詳しく分析します。
投資関連書籍

【書評】割安優良株を見つけるのに必須のデータ分析手法満載!「バリュー投資家のための『米国株』データ分析」

米国株バリュー投資家に大人気の書籍「バリュー投資期のための『米国株』データ分析」を紹介します。
銘柄研究

コロナワクチン10億回分準備。ジョンソン・エンド・ジョンソン($JNJ)が世界を救うか?

コロナワクチン開発競争が激しくなる中で、大手のジョンソン・エンド・ジョンソンが10億回分製造が可能であるとの発表をしました。同社の分析を通じて今後の可能性について調べました。
銘柄研究

アマゾンキラー?ショッピファイ($SHOP)。次世代型eコマース企業の戦略とは?

投資家大注目のアマゾンキラーショッピファイ。その業態と業績好調の秘密を探りました。今は割高なのか?まだ拡大ポテンシャルがあるのか?このあたりも探ります。
銘柄研究

出遅れた巣ごもり銘柄?デジタルストリーミングのロク($ROKU)に実はポテンシャルがあるのでは?

映像ストリーミングサービスのROKU。株価は他の巣ごもり銘柄より出遅れているように見えますが、実は大きなポテンシャルを持っていそうです。詳しく調べてみました。
タイトルとURLをコピーしました