大化け銘柄続出!米国株投資情報サイト「モトリーフール」とは?

スポンサーリンク

米国株投資ってどこから情報を集めたらいいんだろう?ネット上には情報があふれているけど、どれを信じればいいんだか・・・

米国株投資家にとても評判のいい「モトリーフール」というサイトがあるよ。どんなサイトなのか調べてみよう。

スポンサーリンク

モトリーフールとは

米国本社は1993年にデビッド・ガードナー氏とトム・ガードナー氏の二人の兄弟によって設立されました。

モトリーフール創業者 デビッド・ガードナー氏とトム・ガードナー氏
「モトリーフール」という社名の由来

この社名はシェークスピアの「お気に召すまま」からとっています。カラフルな色の服に身を包まれたモトリーフール(宮廷の道化師)がシェークスピアの作品に出てきます。その道化師は彼の首を飛ばされることなく、王様に対し真実を進言することができた唯一の人だったのです。権威に対し、真実を伝えることのできる人です。

エコノミストやアナリストの権威が相場見通しを示して、短期で儲ける秘訣を教えるのに対し、我々は株を買うというのはよい企業の一部を忍耐強く保有することだということを素朴に伝えています。このような形で、宮廷の道化師の役割を果たしたいと考えています。

モトリーフール・ジャパンHPより

いつも創業者の二人が写真で帽子をかぶっているのは別にふざけているわけではないようですね・・・(笑

27年の歴史の中で確かな企業分析と情報力、市場を見極める先見性には非常に高い評価を得ています。現在イギリス、ドイツ、カナダ、オーストラリア、シンガポール、香港においてもメディア事業を展開しています。日本法人はザ・モトリーフール・ジャパン株式会社として2018年に設立されています。

モトリーフールの評判と実績

主要メディアからの評価

「モトリーフールは、ややいかがわしい投資アドバイザーが多いなかで、倫理的なオアシスとして際立っている」
―エコノミスト誌

「初心者だけでなく、経験者にも豊富な投資情報を提供してくれる」
―バロン誌

個人投資家への確かな情報とアドバイスを提供」
―ワシントンポスト紙

「億万長者も、モトリーフールからヒントを得ている」
―タイムズ紙

「面白くて、賢明だが、批判的で、ユニークな主張を持っている」
―フォーチュン誌

モトリーフール・ジャパンHPより

メディア各誌ともに大絶賛ですね。他のサイトと比較しても人気は高く、投資関連ウェブサイトランキングではウォール・ストリート・ジャーナルに次ぐ全米5位(Hitwise調べ)だそうです。

これだけの評価を得られるのもうなずけるのが以下の結果。

モトリーフールが最初に推奨銘柄に挙げてからの伸び率です。アマゾン15,000%、NETFLIX18,000%、ディズニー5,000%・・・って。すご過ぎます。

このあたりの実績から見てわかるとおり、将来性のある銘柄を発掘し、長期保有を前提に推奨をしていくスタンスのようですね。

モトリーフール サイト・記事の特徴

日本版サイトは以下のようなイメージです。

1日にかなりの量の記事がアップされます(5本~10本ぐらい)。ここで気を付けておきたいのが、モトリーフールは一般のユーザーからの寄稿も掲載しているという点。モトリーフール編集部の見解なのか、寄稿者個人の見解なのかという点は注意をしてみておく必要があります。上記画像の赤で囲った部分をチェックしておきましょう。

一般ユーザーからの寄稿記事は少し内容の質にバラツキがあるように感じます。

私がTwitterでフォローさせていただいているライナス氏はその中でも骨太な濃い記事を毎回寄稿されていらっしゃいます。ビジネス視点で投資をとらえていらっしゃるの企業勤めの人間としては腑に落ちやすい内容ですのでおススメです。

モトリーフール利用方法

記事は基本的に無料で見られます。ただし、一部の記事は「スペシャルフリーレポート」として無料のメールマガジンへの登録が必要になります。メールマガジンへの登録で毎日のように大量のメールが送られてくるのではないかと敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが、私が登録してからは週1回ペースで来ています。

まだ登録したばかりなのずっとこのペースなのかどうかはわかりませんが・・。

モトリーフール米国株情報 | マネクリ - 今日の投資に効くメディア | マネックス証券
アメリカの個人投資家向け金融メディア「モトリーフール」が米国株の一次情報を提供します。

マネックス証券の情報サイト「マネクリ」内にもモトリーフールの特設ページが用意されておりますのでこちらで更新情報をチェックしていく手もあります。

また、英語版のみになりますが有料会員専用の2種類の情報提供サービスもあります。

Stock Adviser :長期ホールド向け銘柄       https://www.fool.com/order/fe_offers

Rule Breakers:過小評価されているグロース株の発掘https://www.fool.com/order/fe_offers/

いずれも月会員・月額19ドル、年会員・年額199ドル。英語が苦手でなければ毎月本1冊分ぐらいの投資はありかも?有料会員の方いらっしゃいましたら、情報共有お願いします!

まとめ

ネットには情報があふれていますが、投資情報についてはうわさや個人の主観が入り混じった情報は切り捨て、一次情報を摂取していく必要があります。また、短期的、テクニカル的な株価の上げ下げの予測ではなく、長期的な市場動向、社会変容を見据え、個々の企業を正しく分析したうえで投資情報こそが、長期的に成長できる真に価値ある投資先補発掘につながります。そういった情報が得られるという意味ではこの「モトリーフール」は非常に貴重な情報源になります。私モーガンの投資スタンス的には非常に有用な情報をいただいています。ぜひ一度サイトをご覧になってみてください!

Home
個人投資家向けに米国株から日本株まで、様...

※↓米国株取引、手数用の安さならDMM証券が圧倒的におススメ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
follow us in feedly 👈読者登録はこちら。

 ☝投資家ブログまとめメディア
投資関連情報
スポンサーリンク
morgan@invest-for-fireをフォローする
小遣い投資でF.I.R.E.を目指すサラリーマン投資日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました