【銘柄研究】隠れた急成長企業「エッツイ」$ETSY!Eコマース市場でアマゾンと競合しないワケ。

スポンサーリンク

巣ごもり需要でEコマース株が注目されているね。アマゾン($AMZN)とか、最近はショッピファイ($SHOP)が人気だよね!

たしかにそうだね。これからますますこれらのサービスは需要が高まりそうだね!そんなEコーマース関連銘柄で面白い銘柄を見つけたから紹介するね。

スポンサーリンク

Eコマース業界の隠れた急成長企業エッツイとは?

ハンドメイドECのプラットフォームを提供するエッツイが株価を伸ばしています。

$ETSY上場来株価 Trading Viewより

2015年上場以来、順調に右肩上がりの株価推移を続けています。コロナショックでの落ち込みも跳ね返す伸びを見せており、アナリストからも注目を集めています。

巣ごもり需要でEC分野は大きな注目を集めていますが、エッツイはハンドメイド商品を個人が売買するサイトです。このハンドメイドEC市場は近年大きく成長しており、現在世界中に拡大中。今後も成長の期待できる分野です。

ハンドメイドEC市場の可能性

C to C 市場の可能性

EC市場というとAmazonという巨大プラットフォーマーの独り勝ちのような印象を持たれがちですが、こういったB to C型サービスだけでなく近年C to Cサービスが急速に広がりを見せています。

日本ではヤフオク、最近急成長で海外進出も果たしたメルカリなどが有名ですね。その規模は国内で1兆円を超えています。

なお、アメリカのC to C市場は現在14兆円とのことですから日本よりもはるかに早くそしておおきくC to C市場が拡大していたのがわかりますね。

まだ今日ほどフリマアプリが普及していなかった2014年にメルカリがアメリカ進出をし成功を収めているのも理解できます。

海外ではオークションサイトeBayが圧倒的なシェアを握っており、世界37カ国3億人のユーザーを抱えてますが、このエッツイはハンドメイド分野に特化していながら成長著しく、そのユーザーは5000万人に迫る勢いです。

C to C市場が急拡大した要因
  • インターネットの普及とそれに伴うオンライン決済の広がり
  • スマホで手軽に売買できるアプリの拡充
  • プラットフォームのシステムの進化で出品にかかるコストや手間が格段に減少、結果、売り手が急増し出品数が急拡大
  • 最大の弱みともいえる売り手と買い手の間のトラブルへの対応、予防がシステム的に成熟。トラブル発生リスクが大幅に改善

これだけ整うともはや売り手としては、中古ショップにわざわざ買取を依頼しに行ったり査定してもらって二束三文で売り払っているのが馬鹿馬鹿しかなりますし、買い手も多くの売り手の中から自分の求める状態の商品を中古店より安く手に入れることができる、ということになります。

ハンドメイド一点ものの魅力

皆さんはユニクロで買った服を着て街で同じ服を着た人に出会ってしまったことはありませんか?

恥ずかしながら私はあります・・・💦

こんな時なんとも言えない残念な気持ちになりませんか?

近年急激に普及したファストファッションの流行による同一商品大量生産による「おそろい」現象、そしてアイデンティティーの喪失に辟易としているこだわりを持った若者を中心にその反動でオリジナリティ、独自性を追求したファッションが流行しているようです。

1点もののビンテージ品、手作りアクセサリーなどが大変人気を集めているとのこと。

このように見ていくとハンドメイドEC市場は大きな潜在需要を抱えておりまだまだ成長余地が大きい市場なんではないでしょうか。

エッツイはそんなムーブメントに上手に乗って急上昇した企業なんですね。

エッツイ企業概要

ではエッツイについて詳しく見ていきます。

以下、Wikipediaから「Esty(エッツイ)」に関する記事の抜粋です。

Etsyは手芸や古物、独自の工場生産などの商品を扱う電子商取引サイトである。対象はアート、写真、衣料品、宝飾品、食品、風呂、美容製品、キルト、骨董品、玩具など多岐に渡る。ヴィンテージ品は最低20年経過したもののみが対工芸品を出店する際は商品一つに対し20セント支払う。 2014年12月31日時点で会員数が5400万人に達し、1400万人の売り手と1980万人の買い手が現役で活動している。

wikipediaより

こちらwikipediaの情報は少し古いデータですので現在の状況を調べますと、現在買い手は4600万人と2014年当時に比べ倍以上の伸びを示しています。

HPはこちら。

Etsy - 誰にでもぴったりなハンドメイド、ビンテージ、オーダーメイドのユニークな商品をお買い物しましょう
ハンドメイドのギフト、ビンテージやトレンドのアパレル、ユニークなジュエリー、その他にも数え切れないほどたくさんの商品を見つけましょう。

エッツイは2005年創業。当時はあらゆる種類の工業製品の出品を禁じるといったかなりこだわりを持ったショッピングサイトとして「上品ぶったeBay」などと揶揄されることもあったとか。

ハンドメイドが工業製品に、個人対個人が店舗にとって代わる「反産業革命」を目指していたそうです。

エッツイの財務状況

上場直後はコストの非効率が目立ち、赤字転落局面もありましたが、ここ数年は安定して利益を創出しています。売り上げも驚異的と言っていい伸び方をしています。

キャッシュフローも2017年以降は安定。特に営業CF率は大幅に改善されており、潤沢な資金をエッツイにもたらしています。一方で積極的にショップやバイヤーの買収なども行い、純資産の拡大を続けています。

←人気の「ファイナンシャルアカデミー」さんのセミナー。月5万円投資で1億円の資産づくりを目指す。今ならWEBセミナー無料です。とっても勉強になりますよ。

エッツイが注目されるワケ

エッツイの最大の特徴は2012年に「Bコーポレーション」に認定されたこと。

「Bコーポレーション」とは?

米国ペンシルバニア州に本拠を置く非営利団体のB Labが運営している認証制度で、環境、社会に配慮した事業活動を行っており、アカウンタビリティや透明性などB Labの掲げる基準を満たした企業に対して与えられる民間認証です。「B」は「Benefit(ベネフィット:利益)」を意味しており、環境やコミュニティ、従業員といったステークホルダーに対する利益を指しています。

Bコーポレーションに認定されているのはパタゴニアやワービー・パーカーなど2000社ほどありますが、上場企業はほとんどありません。

アメリカの有力証券取引所に上場しているのはなんと2社だけでエッツイはその1社になるです。

なぜならBコーポレーションの理念が当時は投資家の利益に相反すると考えられ嫌われていたためです。

Bコーポレーションの経営陣が負う法的義務は環境対策への対策不足や従業員への適正賃金を支払っていないなどの理由で訴えられる可能性がある厳しいものです。

エッツイは過剰ともいえる従業員への報酬や労働環境を提供し続けてきたが上場と同時に、一次急上昇した株価がそのコスト構造の問題点に注目が集まり下落する局面もありました。

そこで取扱商品に工業製品を一部認めるなどゆるやかなポリシーに変更をかけることで取扱商品を増やし、収益を拡大してきました。

一方で従業員コミュニティへの手厚い還元は変わらずで、育児休暇はグーグルやフェイスブックより気前が良く、父母ともに6か月、しかも毎週2回高級レストランでの食事つき!

オフィスで生じる残飯は一切ゴミにせずすべてをたい肥化しています。

ベンチャーキャピタリストのチャーリー・オドネルは

「これは多くの投資家が見逃し、理解していない資産だ」

と言っています。これが2017年ごろ。

その後、昨年ごろからESG投資が話題になり、以前は投資家から嫌厭されていたエッツイが実は持続可能性の高い、価値あるな企業として見直されてきたのです。

まとめ

反産業革命とういう一見、株式市場にはそぐわない理念を掲げ創業したエッツイですが、期せずしてか、先見の明があってか、はわかりませんが時代の潮流に乗った形となりました。

個人投資家向けサイト「モトリー・フール」でも最近エッツイ推しの記事が目立つように感じます。

【米国株動向】電子商取引中堅企業のエッツィが長期投資家に巨額の富をもたらすと考えられる理由
バークシャー・ハサウェイ、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフトなどの伝説的な銘柄は20年前の数千ドルの投資からこれまでに100万ドル以上のリターンを生み出しています。時代をさかのぼってこれらの銘柄に投資することはできませんが、電子商取引の中堅企業であるエッツィ(NASDAQ:ETSY)も同等の目覚ましいリターンを生み...

コロナ禍の中、改めて注目されるEC市場において、エッツイはアマゾンのような巨大プラットフォーマーとは全く違ったこだわりを持ち急成長しています。

サスティナビリティ、ESG・・・等々、先行き不透明なこんな時代だからこそこういった目先の株主利益を超越した、ユーザーや従業員で形成されるコミュニティ第一主義の企業も長期視点での投資選択は十分検討の余地があると感じました。

最後に・・・。

ちなみに私、モーガンも今回、本記事を執筆するにあたって初めてエッツイのサイトを訪れてみましたが、さっそく魅せられてしましました。

私が愛用している「モレスキンノート」専用カバー。Etsyより

Personalized leather moleskine cover with pen holder custom leather cover for large moleskine volant cahier journal notebook MA505NC1
This handcrafted full grain leather cover is specially for large size moleskine notebook and journal, there is a cut slot for the usage of elastic band of moles...

ちょっと高いけど、かっこいい!Etsyハマってしまいそう・・

※当時は自己責任でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
follow us in feedly 👈読者登録はこちら。  ☝投資家ブログまとめメディア
銘柄研究
スポンサーリンク
morgan@invest-for-fireをフォローする
小遣い投資でF.I.R.E.を目指すサラリーマン投資日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました