【銘柄研究】withコロナ社会に必須アイテム消毒剤と言えばクロロックス!($CLX)本当に伸びるのはこれから?!

スポンサーリンク

コロナウイルスの新規感染者が少し減って経済活動再開が少しずつ始まってるね。

でもどの店に行っても消毒しろ消毒しろって言われるからちょっとうんざり…

今回のコロナウイルス感染拡大で社会の衛生観念が大きく変わったね。これによって人々の消費行動も大きく変わりそう。そんな視点で考えると今後に期待できそうな企業もあるね。クロロックス($CLX)なんか面白そうだね。

スポンサーリンク

漂白剤No.1!クロロックスとはどんな企業?

設立1913年
本部カリフォルニア州オークランド
上場ニューヨーク証券取引所
CEOBenno O. Dorer
業種分類一般消費財
従業員数8,800人
Webサイトwww.thecloroxcompany.com

漂白剤といえば国内では花王の「ハイター」ですが、アメリカでは圧倒的に社名と同じ商品「クロロックス」です。アメリカでNo.1のシェアを握っています。

他にも住宅用洗剤、洗濯洗剤、ごみ袋にラップ、ドレッシングやソース、猫用トイレ砂、リップクリームなど非常に多岐にわかる家庭生活用品を取り扱っています。

いずれも不況に強い、生活必需品。

人口が増え続ける限り売り上げも増えていくような商品がほとんどなので安心して長期保有できる銘柄と言えますね。

最近はコロナの影響で同社の除菌シートや消毒剤の売上が向上しており2020年第3四半期決算における大幅増収につながったようです。

今回のクロロックス好決算はTwiterでも話題。

クロロックス財務状況

損益状況

生活用品メーカーとしては高い利益率を維持していますが、2018年原材料費、輸送費の高騰により利益率が低下。

キャッシュフロー


2018年3月に栄養補助サプリのメーカーNutranextを買収のため、投資CFが膨らんでいますが営業CFは安定しています。

ヴァリュエーション

生活用品セクターに多い傾向ですがとにかく負債比率が高くレバレッジの効いたROEが出てきますが、ROA,ROICも決して低いわけではありません。

配当

クロロックスは配当に非常に積極的で、44年間連続増配中の配当貴族銘柄。

配当関連各種指標は非常に高いレベルです!

クロロックス2020年第1四半期決算

2020年5月1日の決算発表では第3四半期の決算において、純売上高は15%増の17億8000万ドル。四半期ベースの売上高の伸びは2010年6月以降で最大となったそうです。

純利益は2億4100万ドルと、前年同期の1億8700万ドルから増加し、こちらも堅調。

漂白剤、消毒剤、除菌ペーパータオルなどの需要が急拡大したことが大きな要因になっているようです。

クロロックス株価推移

ちょっと上げすぎですかね・・。今後も期待できますが買い時は慎重に。

クロロックスの未来

コロナとの戦いは長期化しそうですし、仮にワクチン開発等が進み収束したとしても、世界の人々の衛生観念は大きく変化しそうです。

たとえ日常生活が戻ったとしてもソーシャルディスタンスや手洗いの習慣、そして身の回りの物の消毒はコロナ前の状態から大きく変化しているでしょう。

そういった意味ではクロロックス商品は非常に期待できると思います。

また、2018年ごろからサプリメント企業をいくつか買収しています。アメリカは不況になるとサプリメントが売れるといわれています。

なぜなら社会保険加入が義務付けられていないため、保険未加入の人々ができる限り医療費を抑えたいという思いからサプリメント購入に走るのだとか。

どこまで影響があるかはわかりませんが、コロナの影響そして経済の下落局面でプラスの要因の一つにはなるのではないでしょうか?

←人気の「ファイナンシャルアカデミー」さんのセミナー。月5万円投資で1億円の資産づくりを目指す。今ならWEBセミナー無料です。とっても勉強になりますよ。

まとめ

今回ご紹介しましたクロロックス。実は以前に紹介しましたP&Gに買収され子会社化されていた時期があります。

P&Gに買収されたのが1957年、その後漂白剤市場が独占的で価格支配権が強すぎるとのことから裁判でクロロックスを売却命令の判決が出て1967年再び独立しました。

史上最強のディフェンシブ銘柄であるP&Gも欲しがるブランド力ですから安定感は抜群。日本ではあまり市販されているところを見ないような気がしますが、amazonなどでは手に入るようです。

実はiPhoneお手入れ方法としてクロロックスを使ったの消毒がApple公式サイトで勧められていたりもします。

iPhone のお手入れをする
iPhone のお手入れ方法をご案内します。

様々なシーンで人々の生活に欠かせない商品を提供している企業で、今後も安定した経営が期待できそうですね。

あとは買い時。株価の動きに注目しましょう。

※投資はご自身の判断でお願いします。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
follow us in feedly 👈読者登録はこちら。  ☝投資家ブログまとめメディア

銘柄研究
スポンサーリンク
morgan@invest-for-fireをフォローする
小遣い投資でF.I.R.E.を目指すサラリーマン投資日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました