【銘柄研究】ビヨンドミート($BYND)株価上昇中!そのワケは?

スポンサーリンク

ビヨンド・ミートっていう代替肉を作っている会社の株価が上がってるんだってね!コロナショックに強いイメージも無いけどどうしてだろう?

年明けから株価は上昇傾向にあったけど、ここにきてさらにまで好調なのには何か訳がありそうだね。今回はこの企業の強みと背景について紹介するよ。

スポンサーリンク

ビヨンド・ミート($BYND)株価上昇のワケは?

実は先日わたくしモーガンも少し仕込んでいるビヨンド・ミート、株価が好調です。ビヨンド・ミートと言えば代替肉製造企業で唯、昨年上場を果たしたことで話題になりました。今回はこの企業と株価上昇の背景についてご紹介します。

ビヨンド・ミート($BYND)企業概要と歴史

2009年にイーサン・ブラウンによって設立。これまでにクライナー・パーキンスやオブビオス・コーポレーション(現Twitter)、ビル・ゲイツ、ビズ・ストーン、ヒューメイン・ソサイエティー、タイソン・フーズなどから資金を調達している

2018年6月、ミズーリ州コロンビアに二つの生産拠点を開設、製造規模は従来の3倍に拡大し、50以上の国際マーケットとテスコやA&Wカナダなどのスーパーマーケットやファストフードチェーンに製品を提供している

Wikipediaより

2009年設立ですから意外と歴史があるのですね。CEOは創業者のイーサン・ブラウン。ビル・ゲイツやレオナルド・ディカプリオ、twitter創業者のビズ・ストーンなどが出資して話題になりました。エンドウ豆から抽出した植物性たんぱく質から作ったハンバーガ用のパティ開発しています。

2013年同社初となる「チキン・フリー・チキン」(鶏肉なしの鶏肉)をリリース。翌年には牛肉の代替肉をリリースしました。2016年に高級スーパーマーケット(Amazonが買収)ホールフーズ・マーケットで販売を開始。初めて食肉売り場で植物由来のハンバーガーを販売しました。


2018年には製造工場をミズーリ州に新設。製造スペースは3倍に拡大。自社製品の販売個所は27,000以上に拡大したと発表。さらにイギリスのテスコやカナダのA&Wと提携するなど世界50か国に展開をしています。

そしてついに2019年5月、米NASDAQへIPO。株価はそれまでの19ドルから上場直後に一気に46ドルの高値。その日の取引終了時点で65,75ドルという驚異的な伸びを見せました。これはIPOパフォーマンスとしては20年来の高パフォーマンスだそうです。ビル・ゲイツは多額の出資をしていたようですからこれでかなり儲けたでしょうね!

ビヨンド・フードを取り巻く最近の話題

ビヨンド・フードに関連するニュースをまとめてみました。

コロナ感染者拡大で食肉加工施設が閉鎖

米豚肉加工大手のスミスフィールド・フーズのサウスダコタ州の工場でなんと761名(!)の新型コロナウイルスの集団感染が発覚。これは米国最大級のクラスターで、同施設は無期限の操業停止に追い込まれているとのこと。また別の報道によると米国食肉加工大手のタイソン・フーズも同社最大の豚肉加工施設内での操業を無期限で停止するそうです。その他大手でもJBS USホールディング、カーギルなどでも、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、工場の一時閉鎖の動きが広まっているとのこと。

この情勢を受けてスミスフィールドCEOのケネス・サリバン氏は「米国の食肉供給は危機的な状況に近い」と発言しています。

スーパーでは加工食肉の買い占めなどが始まっておりすでに品薄な状態に陥っている店舗もあるようです。

この流れで代替肉に注目が集まるのは自然なことかもしれませんね。

医療機関などに100万食無償提供を宣言

同社サイトやtwitterによるとコロナウイルスの拡大で困難な状況に陥っている医療機関やコミュニティセンターなどに無償で同社製品のビヨンド・バーガーを提供するとのこと。

スターバックスとの提携

今年1月にスターバックスが朝食メニューに代替肉の利用を検討しているとのニュースが流れると、BYND株は19%上昇。その後、2月にカナダのスターバックスで正式にビヨンド・ミートを使用した朝食サンドイッチの販売を開始するとさらに7.5%上昇しました。

同じくスターバックスが最近では4/20に中国本土の4200店舗のうち、大半の店舗でビヨンド・ミートを使ったパスタやラザニアなどのメニューを扱うことを発表したことでさらに株価は上向いています。この少し前に仕込んだ私も少し恩恵を受けてます(笑

米スタバ、中国でビヨンド・ミートの代替肉ランチメニュー提供へ _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】
米スタバ、中国でビヨンド・ミートの代替肉ランチメニュー提供へ 。ダイヤモンド・チェーンストアオンラインではマーケター・経営者様必聴のセミナーや分析データ、その他小売・流通業界の最新情報をお届けします。

その他、外食大手との提携

http://Beyond Fried Chicken to Get Taste-Tested in an Atlanta KFC (1)

2019年8月にアトランタのケンタッキーにてビヨンド・ミートを使用したナゲットと骨なしチキンを試験販売。

マクドナルド「P.L.T.」

2019年11月にマクドナルドがカナダのオンタリオ州でビヨンドミートを使った代替肉バーガー「P.L.T.」を試験販売。

いずれもまだ試験販売の段階ですが、これから米国本土、そして世界中に広がっていく可能性を考えると株主としてはワクワクします!

そもそもなぜ代替肉が必要なのか?

新型コロナによる食肉加工施設の閉鎖などが起きる前から代替肉の話題は確実に広まっていました。その背景についてみていきましょう。

ヴィーガン市場の拡大

「ヴィーガン」という言葉、日本では話題になることがまだ少なく、馴染みがないかもしれませんね。日本語では「完全菜食主義者」と呼ばれ、動物由来のものを一切口にしない人たちのことを指します。肉・魚はもちろんですがハチミツや卵、乳製品すらも口にしないそうです。「ベジタリアン」(菜食主義者)というのはハチミツ・卵・乳製品は食べるけど肉・魚はだべない人たちのことを指すそうです。他にも肉は食べないけど魚は食べる「ペスクタリアン」とか、肉も時々食べるけど少な目にしている「セミベジタリアン」などの区分があるそうです。

日本ではヴィーガンとかベジタリアンというとなんだか特殊な変わった人・・という印象がありませんか?私は正直そんな印象を持ってしまっています。しかし欧米では急激にその数を増やしているようです。イギリスではヴィーガン人口が60万人を超え、これは人口の1.16%に及ぶとのこと。またアメリカもすでにヴィーガン人口が2000万人を超えているそうです。

特にミレニアル世代の食生活の変化、健康志向の高まりが顕著でアメリカのミレニアル世代のうち3割が毎日、5割が週に数回、植物由来の代替肉を食べているようです。農産業へのESG投資を促すFIRR団体のレポートでは植物性代替肉の市場規模は年々拡大しており、今後も年8%以上の成長が見込まれているとのこと。2020年は52億ドルの市場規模に発展するだろうと記載されているそうです。

この背景には世界的な健康志向の高まりだけでなくWHOが赤肉や加工肉を発がん性物質に指定したり、心臓病や糖尿病の発症リスクを高めることを指摘したことなどが後押しをしているようです。

畜産業の環境問題への影響

畜産業の環境問題への影響が大きいことは近年話題になることが増えました。地球の陸地の26%が、家畜の放牧地に使われています。また、世界中の農地の大部分、なんと75〜80%が、家畜用の飼料の生産に使われています。畜産を含める工業型の食料システム全体が、森林破壊の原因の80%を占めるともいわれています。

家畜の排せつ物が水路に投棄され続けることで、海洋や河川における貧酸素水域(デッドゾーン)が急速に増えています。1992年から現在までにデッドゾーンの数が75%増加したとされています。その名の通りデッドゾーンでは、酸素が欠乏しているので、一部の微生物を除き、生きものが生息することはできません。そのため、生物多様性が失われる原因となっています。

大規模な森林破壊、家畜の排せつ物などが原因で、いまや畜産業が排出する温室効果ガス(GHG)は全体の14%を構成し、気候変動をおしすすめる要因となっています。それは、地球上の全ての交通手段(車、トラック、飛行機、船舶、列車)が排出する量と同レベルです。それほどに、工業型畜産は、気候変動に影響を及ぼす存在となっているのです。

環境問題に意識的に取り組むべきは製造業であったり、化学、薬品業界であったりという印象でしたが食品業界がここまで大きな影響を持っていたのですね。これから世界全体では人口拡大局面が続きますので食と環境に関する問題意識はさらに高まっていくでしょう。

まとめ

今回は新興企業ビヨンド・ミートの企業研究をさせていただきました。

2016年にビル・ゲイツが気候変動を抑制するために「ブレイクスルー・エナジー・ベンチャーズ」という1000億円規模のファンドを設立しそこへ、ジェフ・ベソスや孫正義、ジャック・マーなどが参加しています。

世界的な気候変動への問題意識が彼をビヨンド・ミートをはじめとした農業と環境問題の解決に寄与する企業群への投資に向かわせています。

また環境問題や健康にまつわる新たな認識の普及が若者を中心とした世界中の人々の食生活をも変容させつつあります。

そういったここまでの世界情勢とコロナ後の社会で健康志向が高まるであろうことを考えるとビヨンド・ミートの発展の可能性は大きく、期待できる銘柄といえるのではないでしょうか。

※投資は自己判断でお願いいたします。

今回もお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
follow us in feedly 👈読者登録はこちら。  ☝投資家ブログまとめメディア
銘柄研究
スポンサーリンク
morgan@invest-for-fireをフォローする
小遣い投資でF.I.R.E.を目指すサラリーマン投資日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました