日本個別株投資に向けた準備

スポンサーリンク

こんにちはモーガンです。
今日はこれから投資をしていこうとしている日本の個別株について
考えたいと思います。
ここまで少額ですが米国株投信+新興国投信
→米国個別株(ZMが安かったので・・・)→米国株ETFと試してきました。
このコロナ禍の中でどうにか多少のリターンは得られましたが、
金額的には中学生の小遣い程度です。
いまは投資の練習期間と考えていますので今後少しずつ投資に回す
金額を増やしたいと思ってはいるものの、サラリーマンの小遣いで
大きく資産を膨らませるにはやはりある程度のリスクは受け入れないといけない
と感じています。
小遣い=可処分所得
ですから妻1人子2人を養うための生活費用とは完全に切り分けて
管理していますので積極的にリスクを取りに行くことは可能です。
そこでこれから日本個別株式に積極的にチャレンジ
していこうと考えています。
個別株チャレンジに向けて最近読んだ本のご紹介。


こちら以前にもご紹介したことがありましたが、
数千ページある四季報を1ページ目から読破するという気合根性系の
銘柄発掘法が提唱されています。
まぁさすがに会社員が同じことはできませんがある程度のスクリーニングを
行いながら読み進めています。
知らない企業が意外に身近な製品・サービスを提供していたり、
好業績を出していたりで読みごたえがあります。
おいおい、四季報から私個人が気になっている企業銘柄をご紹介
していきたいと思います。
実際に投資をした場合はその結果もお知らせしていきます!
そしてもう1冊。書店でもたくさん平積みになっているのを
見かけた方も多いのではないでしょうか。

先ほどご紹介した渡部清二氏の「四季報の達人」本と
内容的には矛盾なく合致することが多く、きっと影響を受けられているのでは?
とも感じる中身でした。
著者はFX等で失敗の経験を積み上げながらも小型株に注目して
資産を大きく膨らませていく方法について非常に明快に
述べられています。
特に著者の銘柄選定の条件が非常にわかりやすく、腑に落ちる内容でした。
これを自分流にアレンジして別記事でご紹介していきたいと思います。
日本株は単元株が大きい(これでも以前に比べれば小さくなったそうですが・・)
ため、小遣い投資家としてはリスクが大きいですが、このリスクを取らない限り、
大きな資産形成は難しいと判断しています。
じっくり情報収集し、銘柄吟味したうえで挑みます。
結果をお楽しみに!
ランキングに参加しています。
こちら↓ポチっとお願いします。更新の励みになります。

株式初心者ランキング

サラリーマン投資家ランキング
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村









ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」
ASUS クリエイター向け製品

あると便利な旅行グッズ特集 スーツケース・旅行用品のトラベラーストア
AOKI公式通販AOKI公式通販

投資基礎知識
スポンサーリンク
morgan@invest-for-fireをフォローする
小遣い投資でF.I.R.E.を目指すサラリーマン投資日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました